中学受験に向けたお金:キャッシュレスやめたらお金が貯まるようになった話

中学受験 資産形成

中学受験はお金がかかる。というのは言うまでもない話。

私は元々、お金を貯めるのが苦手な性格です。あったらあっただけ使ってしまう・・・。

特にクレジットカードについては、あったらあっただけどころか、なくても決済できてしまうため、性分に合わないとやっと理解しました。(遅すぎますが・・・)

現金にして、とあるアナログツールで運用をしてみたらお金が貯まるようになってきた話です。

これだけでお金が貯まる:週ごとの予算を分けて入れられる財布に現金を入れて、その範囲でやりくりするだけ

具体的にやったことは、なんてことはない、以下のようなものです。

  • 1.予算を分けて入れられる財布を購入
  • 2.給料日に4万だけおろして1週間1万円の袋に入れる
  • 3.あとは1万円の範囲内でやりくりする

これだけです。使わなくて貯めた分は、旅行積立へ。(コロナ禍が収まらないと使う機会もないですが・・・)

結構楽しくなってランチもなるべく安いものを選ぶようになってきました。

範囲を決めて運用する。これが大分効きました。

ちなみに、買ったのはこんな財布です。

アナログな方が、個人的にですが効果大でした。

貯金・投資する額を決めてそれは先に確保してしまう

これも多くの人がやっていると思いますが、先に貯蓄や投資に回す分を確保するようにするだけでもよいかと思います。

うちも現金貯金XX万円、投資信託(iDeco, NISA含む)XX万円、金積み立てXX万円、保険用積み立てXX万円という風に決めて、給料日直後に資金移動をしています。

これで先に優先してお金を回すことができるので、残った分できちんと運用しようという意識と、やりやすさが格段に上がりました。

自由なお金は最後に残ったもの、という意識で今後も運用していければと思います。

中学受験まで年間塾に100万円超、入学してからもそれ以上をずっと支払い続けるための貯えを少しでもしておきたいですね。
(受験料や入学権利を抑えるための入学手続きの金額もバカにならない金額ですし・・・)