【意外な理由で選定】中学受験の塾選び

中学受験

10月初めに、入塾の申し込みをしてきました。3年生の12月から入塾となります。
昨今は4年生になる年の2月からが一般的に中学受験の勉強を始める時期だそうですが、人気の大手塾の生徒数の多い教室ですと席の奪い合いで2年生や3年生から熱心な家庭は通い始めることもあるとか。

我が家は、まずは毎日の学習習慣と、学校よりも少し早く進めていって多少ひねった問題を解くくらいのことで精いっぱいでしたので、来年2月でもよいかと思っていましたが、諸事情あって早めに通わせることにしました。今までは家庭教師でマイペースにやってきた勉強も、まずは環境に慣れないといけないと思うので、ちょうどよい助走期間になると考えています。

今回は、どのような観点で塾を選んだのか、解説していきます。

本日のテーマ:塾選び

  • どのようにして塾を選んだのか?
  • その際重要視した項目に関する仮説は何か?

※ここで仮説、としているのは、これから体験や入塾する段階であり、自分たちが検証しきれていない内容も存在するからです。実際に通ってみて、最終的に最後までこの塾で行くのかについては判断していきたいと考えています。したがって、これは成功体験でもなんでもなく、あくまでも考え方の一つとしてみていただく想定でおりますので、予めご了承ください。

さて、塾を選ぶにあたって、私たちが重要視したほうがよいと考えた項目は以下の通りです。

  • 1.時間的な効率を最大限高めること→通塾時間の短縮
  • 2.少しでも面白い、好きになれる先生を見つけること
  • 3.できるだけ少人数、かつ授業の形式的に思考をやめることなく臨めること

2,3は入ってみないとわからない、つまりこの段階では未検証であり、体験などを通じて確認していきたいと思っております。

1.時間的な効率を最大限高めること→通塾時間の短縮

まず、圧倒的に重要視したのがこの塾からの近さです。
我が家はマンション住まいですが、徒歩1,2分圏内に某有名塾が2件あります。環境としても恵まれているのかもしれませんが、この地の利は活かしたいと思いました。

通塾で往復1時間、それって学年が上がるほど、無駄な時間になる。もちろん、送り迎えの親子の会話が・・・云々というのはあるかもしれませんが、それは他の時間でも親子のコミュニケーションがしっかりできていれば賄えるものと考えて、この近さを優先しました。

先生に質問したい時なども、目と鼻の先であれば聞きに行くことも躊躇しないと考えました。親世代の漫画の象徴、スラムダンクの流川楓と同じ理由が優先順位になるとは思ってもみませんでしたが、”近いから”は我が家にとって重要な項目でした。仕事場と住む場所とを近くする考え方もよく啓蒙されていますが、似たような感じだと思います。最近コロナウイルスの影響で、リモートワークも多くなり、通勤の煩わしさを改めて感じたことも大きかったかな・・・。

我が家は御三家を目指すようなアスリート受験は志向しておりませんが、それでも少しでも効率的にやりたいとは考えており、こちらを重視することになりました。

2.少しでも面白い、好きになれる先生を見つけること

皆さんは小さいころ、好きな先生がいたでしょうか?
私は中学の時の塾の数学の先生が好きでした。故に、数学を頑張りました。逆に英語の先生は好きでなかった・・・故に言い訳ですがあまり手がつかなかった。

自分や妻の幼少期の思い出を考えると、こうした事例は非常に多く、子供のモチベーションって、結構ここ大きいんじゃないかと仮説を持つに至っています。仕事でも、”何をするか”よりも”誰とするか、誰のためにするか”が自身のモチベーションを大きく変えているので、好きな先生に是非出会ってほしいと思っています。

3.できるだけ少人数、かつ授業の形式的に思考をやめることなく臨めること

少人数、という点では結構どこの塾も変わらないかなと思いつつ、住んでいる地域では大手2社のうち、敢えて小さい所帯の塾を選びました。理由は人数が少ないのでクラス分けもそこまで多くならず、上位クラスへも行きやすいかなと考えたのと、目が行き届きやすい環境を選びたいと考えたためです。
また、ひょんなことから実際に通う塾のOBの方に出会うことがあったのですが、授業の形式が通わせる塾は対話を用いた頻繁に生徒に発言や思考を促すものとなっていると聞き、試してみたいと考えたのがきっかけでした。バイトさんも従事されているようなので、体験を通じてどんな様子か見てみたいと思います。そのOBの方が仰っていたのが、「難しいけど、楽しい」という感想が出てくるか、ということでした。正直自分の娘がそんなところまで感じ取れるかは怪しいですが、参考になる考え方だなと思ったので、シェアさせていただきます。

終わりに:正解は自分の中にしかない

昨今はそうでもないようですが、中学受験というと何が何でも頂上を目指す決戦のように捉えがち(実際始めるとなると親も期待してしまいますよね・・・)ですが、我が家はもう少し違ったアプローチで臨みたいと思っており、塾もここでなくては、という名前で決めるような強いこだわりがありません。

同じような境遇の方がいればご意見・状況教えていただけますと幸甚です。皆様のご家庭にもよい春が訪れることを祈っております。